バプテスマの後、すべてが沈黙に変わりました。

サルサ!

仏の光に照らされた強風に直面して、基地に植えられた木々は倒れ、最初に被害を受けたのは管制塔の建物でした。

千手殺仏の光に照らされて、鉄筋コンクリート構造物は上から少しずつ崩壊し、まるで氷と雪が燃える太陽に出会い、瞬く間に崩壊した。

巨大な軍の建物は少しの抵抗すら抵抗することすらできず、壁や地面はすべて仏の光の中で揺れ動いていました。

ブームブームブーム!!

横須賀市全体が鳴り響く大声で叫び、何千もの巨大な拳が地面に落ち、砲弾のような力で爆発した。

床を洗います!

恐怖のこぶしが地面を洗い流し続け、その結果、街全体が揺れ、遠く離れていない海も荒波を発しました。

横須賀は東京の西門であり、東京湾地域にもあり、海岸の連続波は東京湾の大災害です。

私の目

何人かの人々は保護されずに巨大な黄金の仏像を直接見ました、そして彼らが巨大な仏像の後ろに立っていて千手キラーに直面していなくても、光のバーストはまだ網膜を深く傷つけました。

世界は何千もの仏の手のひらの下で轟音を上げており、世界は激しく泣いています。

東京湾。

古代の東京湾は漁師が生き残るための生産地でした。結局のところ、釣りが禁止されていると、侍でも月に数個の肉しか食べられないかもしれません。現代は漁船が密集していませんが、繁栄しています。港はまだ何万人もの家族の生活に影響を与えています。

数千万の人口を抱える都市では、日常生活に使われる天文資料だけがあり、貨物船が行き来することで海にスカーフが織り込まれています。

もちろん、貨物船以外にも、東京湾には多くの民間客船があり、これらは富裕層のおもちゃです。

横須賀陸軍基地は警備範囲が広く、民間船でも民間船でも近づかないことは誰もが知っています。あえて警備範囲のはるか外まで出向くだけなのです。結局、基地に向かって望遠鏡を構えているだけです。周りを見回す人々の100%は軍のスパイとして扱西安桑拿われます。

台風が近づく前の今日は旅行にはいい日ではありませんが、近代的な技術の発達により、台風がすぐに戻って来れば問題ありません。さらに、安全な範囲内でのこの種の生と死の冒険は、彼らをさらに興奮させます。

今日、飛行機がこんなにたくさんあるのはなぜですか?

クルーズ船の若い男が、空を飛んでいるミ?アーミーのヘリコプターを見て、しかめっ面をした。