な食べ物を一日中食べる人もいます。

レストランの看板はあるが一般には公開されていない二丁目のレストラン。

噛み砕く。

今、石龍は署名された鶏肉を一口で舐め、ビールと組み合わせて、それは地球上で至福でした。

エルクホームの誰もがこの店の背景を知っています。この店に出入りする人は全員黒の服を着ており、一見怖いです。普通の人は可能な限り移動します。

半分白い髪とサングラスをかけた男性が2人を連れて店を開きました。

ジン?シロンは頭を上げ、その人が来るのを見て心から笑った。

最高の和牛、金西のボス。贅沢に包装された和牛を手に、お客さんが入って来たそうですが、本当にお店で飲んでいたと思います。

ああ!八木です。花で武装した金渓は太ももを軽くたたき、大胆にビールを飲み、脇の弟はすぐにスポットを追加しました。

現在、シロは2丁目地区の暴力団です。八木はそれほどあきらめませんでした。名目上、彼は同じグループに属しています。しかし、2人の間には常に摩擦がありますが、2人は拘束されており、対立しておらず、お互いに会った後はすべて友好的です。 。

今日シロンは美味しく、特に牛肉、特に今日幸せな出来事が起こったとき、彼の食欲はさらに良くなりました。

トップサーロインはグリルに最適です。焼肉を待っていた弟に八木が牛肉を手渡しました。

弟はギフトパッケージを丁重に受け取り、雪の風味を付けた牛肉をすぐに取り出し、バーベキューネットで注意深く焼いた、そのような大きな牛肉は彼が数ヶ月間食べるのに十分でしょう。

誕生から死まで、舌からひづめまで、牛のすべての部分に価格が明確に記されており、和牛の死は一連のお金の響きです。今日シロが担当しているビジネスにも同じことが言えます。彼の目には、高品質の女の子は牛と同じです。毛先からつま先まで、あらゆるインチが莫大な利益を押し出すことができます。完全に一歩下がれば、10億以上の利益は簡単です。作ることができますが、金渓はほんの少ししか得られませんが、辛いものを食べたり飲んだりするのに十分です。

イマシタカシは、特定の店舗の運営につい西安夜网ては責任を負いません。仲介者は、大阪およびその周辺から獲物を見つけ、設置または誘惑してファイアーピットに飛び込むように案内し、ホテルまたはママサンのショップに送って、入手できるようにします。比較的小さなレーキ。

自発的または強制的に火の穴に飛び込むことから始め